金の買取額はどのように決まるのか?

Posted by blogger on 2015年3月1日 under 金の買取の注意点 | Comments are off for this article

金の買取額に最も大きな影響を与えるのは、市場です。

金の相場は世界中にあり、市場では世界中の金に対する需要と供給のバランスを取っている額が、常に変動しながら産出されています。

そしてその世界中の相場を参考に、日々、米ドル建てで発表されています。

この時の金の単位は、1トロイオンスという単位であらわされ、1トロイオンスは、31.1035gとなっています。

日本で金の買取をしてもらう時には、1gあたりの円建てに換算されます。

この換算をする時には、1ドルが日本円ではいくらになるのかということも大きく影響するので、金の買取価格には為替相場も影響しているということになります。

それらの諸事情はあるものの、基本的には、当日のレート×重さ(単位はg)で計算できるようになっています。

また、金の買取額には純度も影響します。

金が99.99%以上含まれていることを表しているのが24金で、K24を表記されますが、このK24が最も価格が高く、以下、K22、K18、K14などと続いていきます。

金の買取の場合、もう1つ影響するのが、アクセサリーとしての価値です。

アクセサリーの場合は、単なる金の価値だけではなく、アクセサリーとして時勢の価値はあるのかないのかということが、買取価格にも影響してくるのです。

人気のあるアクセサリーの場合、買取店は、買取価格に上乗せをして販売をし、利益を得ます。

そのため、売れやすい人気のあるアクセサリーは、高い買取価格が出やすくなっています。

このように、金の買取には様々な要因が影響しているので、じっくり検討する必要があるといえるのです。

◆参考ページ ≫金の取引単位、国際価格トロイオンスと国内価格グラムAll About

Comments are closed.